<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

少しでいい。

昨日、大掃除の話を書いている途中で、こんな想いも出てきたので、
別な話として書く事にしました。


女優の江角さんが某TV番組で
お皿も肌の手入れも少しでいいのよ的な発言をしていて、
激しく同感!

お皿もある程度汚れを拭き取れば、ちょっとの洗剤で十分きれいになるし、肌の手入れも、あれもこれも!と色々付けるより、洗顔はこすらないように優しく、タオルで拭く時も押さえるように優しく、そして肌には基本の化粧水で水分を補えば、だいたいOKだと思うのです。

もちろん絶対ではないですけど、
過剰」はなんでも良くないと思うのです。



私が常々思っている事があって、
それは、洗うと言う事。


・・・・・

きれい好きな日本人。
それは衛生面でとっても良い事だと思うけど、
過剰になんでも洗い過ぎるのはどうなんだろう〜と。

しかも洗剤をジャンジャカ使って、
自分や衣類や食器や水回りはきれいになるけど、
その時使った洗剤はどこへ流れて行くの?
そう、川へ海へ流れて行くんだよね。

それって自分さえ良ければ・・・的な考えじゃない?
自分のところさえキレイなら、他が汚れてもかまわないって事だよね。

同様に例えば花火大会の後、会場に散乱したゴミ。
なんで、平気で置きっぱなしにして帰れるのか、まったく理解不能。

誰かがそれを片付けるんだよ。


そして、川へ海へ流れていった洗剤は、浄化しきれずに海産物に蓄積されて、それを自分が食べるんだよ。

大人にはすぐに害は出ないかもしれないけど、妊婦さんだと胎児に蓄積されてしまう。

海産物は食べないから関係ないと思うなら、それは甘い考え。

生きとし生けるものは、すべて水がなければ生きて行けない。

つまり、動物も植物もそんな川や海から循環された水を回り回って取り入れ、最終的に人間に蓄積される。


薬も少しなら人間に良い作用をもたらすけど、
過剰に摂取すれば「」になるしね。

なんでも、少しがいいんだよ。
過剰すぎるものからは何も生まれない。
廃棄のみ。

・・・・・



最近は、家庭からの排水をそのまま川や海へ流さず浄化処理をするけど、それだって、ヒドい汚れより少しの汚れをキレイにする方が、過剰な処理工程を経なくても済むでしょ。

なんでも少しがいいと思う。
少しでいい。



でもエコのためになる事は、積極的にたくさんねニコニコ
2009.12.29 Tuesday 21:55 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |